エクセルマクロについて

今年もそろそろ終わりですね。
初めまして、入社5ヶ月目の光野です。

今回はITについての記事を書くということで、勉強しなくても使えるエクセルマクロについて書いていこうと思います。

簡単にマクロの説明をすると、マイクロソフトのエクセルに標準搭載されている、複数の手順を記憶して、記憶させた動作を自動的に実行させる機能のことを言います。

これらの作業工程をエクセルのマクロとして覚えさせてしまえば、2回目以降はそのマクロを実行するだけで同様の作業を行うことが可能です。

では、実際にマクロの記憶をさせていきます、最初に「ツール」→「マクロ」と進み、新しいマクロの記憶をクリックしてください。(私のエクセルのバージョンは古いので、新しいバージョンのエクセルでは、開発タブからマクロの記録をクリックをします。開発タブは初期設定だと表示されていないので、リボンのユーザー設定からタブを表示させるようにしてください。)
  • e0359652_19305878.jpg

e0359652_21090654.jpg
動作記憶をする前に、まずマクロ名や実行のためのショートカットキーを設定し、OKボタンを押し、させたい動作を実際に手動で行います。
させたい動作が終わったら、マクロの記録を終了して完成です。

作成したマクロは、「ツール」→「マクロ」→「マクロ」から削除したり、設定したショートカットキーの変更を行うことができます。
あとはショートカットキーを使ってマクロを実行させるだけです。


今回は凄まじく簡単な説明になりましたが、中のコードの勉強をしなくても、
簡単な処理ならこれで行うことができるので、良かったら使ってみてください。

この記事を読んでくださった方、ありがとうございました!!

[PR]
# by rei_mitsuno | 2016-12-20 00:00